クラウド会計で税理士事務所の顧問料は安くなる?

クラウド会計で税理士の顧問料もお得に!

税理士事務所と顧問契約をするにあたって、中小零細企業や個人事業主にとって一番気になるのが顧問料がどのくらい毎月かかるのかということです。

税理士事務所に経営のアドバイスや税金のアドバイスなどを常時相談できる顧問契約ですが、その顧問料があまりにも高いとそのコストで経営を圧迫しかねません。ですが、この税理士事務所に支払う顧問料を安くする方法があります。その方法は、税理士事務所と交渉してみることです。

通常の顧問料には中小零細企業や個人事業主の所まで税理士が自ら訪問してくれます。ですが、この契約をあえて相談する場合には自らが税理士事務所まで赴く契約に変更してもらうことです。そうすることで税理士が訪問するためのコスト分を安くすることができます。

また、こちらは必ずしも可能になるとは限りませんが、交渉してみる価値はあります。その方法というのは、毎月の顧問料に定期的な相談以外の料金を含めないように交渉してみることです。

通常の顧問料には、何かあった際の相談も顧問料に含まれていますので、定期的な相談のみにしてもし何か臨時で相談した場合に追加で料金を支払うようにすれば、月額の顧問料を安くすることができます。

それと最近ではクラウド会計にすることで顧問料を安く提供している税理士事務所もあります。顧客側がクラウド会計を導入ことによって、税理士事務所も日々の業務が効率的になり、生産性も向上し、料金を安く提供することができます。また、TV会議を使ったオンラインでのやり取りがメインになるので、基本的には税理士が訪問して相談を聞くということがありません。

以上の理由からクラウド会計の税理士事務所と顧問契約をすれば大幅に月額の顧問料を抑えることができます。