会計システムを移行する時は、税理士に依頼しよう

クラウド会計への移行は大変?

今まで愛用してきた会計システムから、新しい会計システムへ移行するときは、画面はもちろんのこと、操作方法の変化や機能など大きな違いがあるため、戸惑うことも多くなると思います。

特に長年同じ会社の会計アプリケーションソフトを使用していた人が、そもそもの基本設計から異なる別の会計システムに乗り換える時などは尚更です。

税理士は、クラウド会計の専門家

使えるシステムが違うと、データ移行を手動で行わなくてはいけないこともあるので、そういった場合は税理士に移行業務をお任せしてみるのもオススメです。

例えば、伝統的な会計ソフトとして有名な弥生会計から、クラウド会計のfreeeに移行されるケースだと、freeeには弥生会計にある「補助元帳」の機能が無いため、ここにあるデータをどこに移せば良いのか分からないという方も多いです。

弥生からfreeeに移行? こんなことに気を付けて

freeeでは総勘定元帳に記載されている科目毎にタグを振って、「取引先」「品目」「部門」「メモ」といった種別に分類していきます。

イメージとしては弥生会計が元帳中の勘定科目一つ一つを個別に管理するものであるのに対し、freeeは全ての科目を一つにまとめて管理するものというイメージです。

これだけでも複雑な感じもしますが、実際に移行作業を行う場面では、もっと複雑な事象も多くあり、下手をするとあるべきデータを見落としてしまう恐れもあります。

税理士なら移行サポートも安心

クラウド会計に精通している税理士は、弥生会計などのインストール型の会計ソフトからクラウド会計へのデータ移行についても見落とし無くキチンと済ませてくれるため、ずっと安心できます。

移行作業を依頼するだけなら長期の契約も必要ありませんし、顧問契約をしている税理士にクラウド会計の知識があればそのまま移行作業をお願いすることもできます。会計ソフトの移行でお困りの事があれば、是非お気軽に税理士さんに相談してみて下さいね。

カスタマグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。